2022年度まさこ基金助成審査結果報告


NPO法人京都禁煙推進研究会(以下NPO)は、故繁田正子先生がなされていたタバコ・喫煙問題に関わる数多くの社会的活動、学術的活動などにおいて、後進育成に尽力されていたことに鑑み、次世代を担う若者のタバココントロール活動の推進を図る目的で2014年に「まさこ基金」を設立した。今年度は2月1日から5月31日までを応募期間とした。応募締め切り日までに4件の事業の応募があった。NPOの理事7名および外部の第三者1名の8名の委員で審査会を結成し、審査基準に基づいて各委員が応募事業について評価し、意見を表明したうえで、6月23日にオンラインで審査会を開催した。応募事業の内容および助成金額について慎重に審議した結果、下記の事業が今年度のまさこ基金助成対象に選ばれた。


 1.渡瀬麻友子(32)  東京医療センター 呼吸器内科

小学校児童を対象とした喫煙防止教育のあり方の検討(助成金額:50,000円)

 

2.浅井 泰詞(39)  高千穂大学 人間科学部 助教

マスクの着用はサードハンドスモークを助長するか?(助成金額:95,994円)

 

3.小野龍太郎(33)  京都府立医科大学大学院 歯科口腔科学

歯科用X線写真の禁煙支援ツールとしての有効性(助成金額:62,800円)

 

4.吉原 伸弥(35)  獨協医科大学 小児科学

タクシー運転手を対象とする、乗客の車内喫煙企図状況および本人の喫煙状況についてのアンケート調査(助成金額:100,000円)

ダウンロード
2022年度まさこ基金助成審査会.pdf
PDFファイル 162.3 KB

2021年度まさこ基金助成審査結果報告

ダウンロード
2021年度まさこ基金助成審査会.pdf
PDFファイル 141.3 KB

2020年度まさこ基金助成審査結果報告

ダウンロード
まさこ基金助成審査報告2020
まさこ基金助成審査報告2020a-1.pdf
PDFファイル 167.2 KB

 

201991

 

2019年度まさこ基金助成審査結果報告

 

 

 

 NPO法人京都禁煙推進研究会(以下NPO)は、故繁田正子先生がなされていたタバコ・喫煙問題に関わる数多くの社会的活動、学術的活動などにおいて、後進育成に尽力されていたことに鑑み、次世代を担う若者のタバココントロール活動の推進を図る目的で2014年に「まさこ基金」を設立した。今年度は67日から30日を応募期間としたが、応募件数が少なかったため募集期間を712日に延長した。応募締め切り日までに5件の事業の応募があった。NPOの理事4名および外部の第三者1名の5名の委員で審査会を結成し、819日から31日の間に紙上審議を行った。各々の審査委員から申請事業に対する意見を出し合い、慎重に審議した結果、下記の事業が今年度のまさこ基金助成対象に選ばれた。

 

 

 

まさこ基金2019年度助成事業一覧

No.

事業名称

氏名

所属

助成金額(円)

1

長崎大学タバコフリーキャンパスプロジェクト

河野 哲也

長崎大学保健・医療推進センター

30,000

2

大学生への理想の防煙教育のあり方についての検討

正木 克宜

慶應義塾大学医学部呼吸器内科

30,000

3

効果的なタバコフリー啓発活動への取り組み

三好 希帆

京都女子大学「健康に関するサークル ラ・サンテ」

89,640

4

防煙教育・禁煙支援に携わる薬学生及び若手薬剤師の育成

谷口美保子

神戸薬科大学臨床薬学研究室

92,040

 

合計金額

 

 

241,680